西方へ 鯉江 良二

−Archive 2017–

翫粋 二周年記念展

二十七年の時を経て より

「鯉江くんの茶盌が出てきた」と、信楽の笹山忠保先生から電話があった。

倉庫を片付けておられたら、新聞に包まれ素焼きまで済ませた作品が十数点あったそうだ。

鯉江先生は「面白い、焼いてみよう」と仰り、話は進んだ。

それらは鯉江先生が笹山先生の初窯で一緒に焼成しようと持参された作品。

全部は窯に入りきらず、そのうちにと置いておられたものがいつか忘れられていた。

平成2年の新聞紙に包まれて出てきた素焼きの陶器。鯉江先生が丁度設楽におられた頃、五十二歳の作品だということにる。

それらの作品を鯉江先生に窯詰めの指示を仰ぎ、笹山先生監修の下、尾花友久氏に窖窯での焼成をお願いした。



永井 文子 ー 軌跡 ー

見立て盌の世界


2009 Anderson Ranch Arts Centerにて作陶(米国/コロラド)

2011 中里 隆氏に師事

2011 日本と海外を往来しながらの作陶生活を始める

2012 滋賀県立陶芸の森にてスタジオアーティストとして滞在研修

2015 長崎県諫早市に移住  翌年築窯 工房を「すえ わた野」と命名 



大森 礼二 志野茶盌




展覧会を振り返って 弁天 市野 雅彦




展覧会を振り返って 安濃津 高山 光




黒陶盌 高山 大



青花の会|工芸祭2020

2020年2月14,15,16日にBOOTLEG GALLERY(東京/神楽坂)にて開催される

「青花の会|工芸祭2020|『生活工芸』以後の工芸」に翫粋が出展いたします。


主題|十盌十盃

出品|谷本 貴

室礼|川合 優


https://www.kogei-seika.jp/seikafes/kogei2020.html

それに伴いまして、陶 翫粋は2月14〜16日休廊致します。

ご了承ください。



谷本 貴 伊賀茶盌 出品作品一覧

2002a

2002b

2002c

2002d

2002e

2002f

2002g

2002h

2002i

2002j